MENU

コラム

2022年06月13日

英検®S-CBTとは?対策にはオンライン英会話を活用しよう!

英検®S-CBTの受験をお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、英検®S-CBTの試験概要と、英検®S-CBTの試験対策にオンライン英会話がおすすめである理由をご紹介します。

英検®S-CBTの対策にはオンライン英会話?

皆さんは英検®S-CBTをご存じでしょうか。

今回は英検®S-CBTについての概要とあわせて、英検®S-CBTの試験対策についてもご紹介します。

英検®S-CBTとは

英検®S-CBTの”CBT”とは、Computer Based Testingの略です。

英検®S-CBTは、従来の英検®のような面接とペーパーテストによる試験ではなく、コンピュータを用いて受験する方式です

英検®と同じ出題形式ですが、スピーキングテストは吹き込み式となっています。

また、英検®S-CBTに合格すると、英検®と同じ資格を得ることが可能です。

次に英検®S-CBTについて、英検®と比較しながらご紹介します。

試験日数

英検®は、リスニング、リーディング、ライティングを1次試験でおこない、後日、合格者は面接形式のスピーキング試験を2次試験としておこないます。

一方、英検®S-CBTは、4技能とも1日で試験をおこないます。

忙しく、複数の日程が確保できない方や、毎回4技能とも受験したい方は英検®S-CBTがおすすめです。

試験級

英検®は5級から3級、準2級、2級、準1級、1級の7つの級があります。

英検®S-CBTは、3級、準2級、2級、準1級の4つの級のみ受験可能です。

受験日

英検®は毎年、年3回開催されており、指定の日時に受験する必要があります。

一方、英検®S-CBTは原則、毎週土日に実施(※1)されています。

よりご自身の都合に合わせて受験しやすいのは、英検®S-CBTでしょう。

(※1)級や地域により毎週実施ではない場合があります。

受験制限

英検®、英検®S-CBTはともに検定期間を3つの期間に分けておこないます。

英検®は前述したように指定の日時です。

英検®S-CBTは第1回を4月から7月、第2回を8月から11月、第3回を12月から次年の3月に受講できます。

英検®は同じ検定期間内に同じ級は一度のみ受験可能。

一方、英検®S-CBTは、同じ検定期間に同じ級に申し込みできる回数は2回までです。

例えば、4月から7月の間で同じ級を受験できるのは2回までです。

同じ検定期間中に英検®と英検®S-CBTの両方を受験すると、最大3回の受験が可能となっています

検定料

2022年度の検定料を一覧表にまとめています。

級によって検定料が異なってくるため、自分の受講する級の値段をきちんとチェックしましょう。

単位:円(税込)

英検®(個人) 英検®S-CBT
準1級 9,800 9,900
2級 8,400 9,000
準2級 7,900 8,500
3級 6,400 7,200
英検®S-CBTの対策にオンライン英会話の活用がおすすめである理由

英検®S-CBTの対策に、オンライン英会話の活用がおすすめである理由を3つご紹介します。

1.スピーキング力が身につく

英検®S-CBTの対策に、オンライン英会話の活用がおすすめである理由1つ目は、独学では難しいスピーキング力が身につくことです。

英検®S-CBTで問われる4技能のうち一番独学が難しいのがスピーキング力。

スピーキング力を上げるには、スピーキング力のある人からの、正確な指導が必要だからです。

ECCオンラインレッスンでは、他の技能はもちろん、スピーキング力を効率的に鍛えることができます。

講師とコミュニケーションをとることで、自然と英語を話せるようになります

2.リスニング力が高まる

英検®S-CBTの対策に、オンライン英会話の活用がおすすめである理由の2つ目は、リスニング力が高まることです。

ECCオンラインレッスンでは、英語を第2公用語として使うフィリピン人講師やネイティブ講師が勉強を支えます。

講師とコミュニケーションをとり、本場の英語発音に触れることでリスニング力を効率的に向上させられます。

3.効率良く対策できる

英検®S-CBTの対策に、オンライン英会話の活用がおすすめである理由3つ目は、英検®S-CBTの対策を効率良くできることです。

ECCオンラインレッスンでは毎回のレッスンだけでなく、英検®の合格に必要な4技能を、1日で演習できるサービス「英検オンラインプラクティス」の提供もおこなっております。

英検オンラインプラクティスは、自宅のパソコンやタブレットからCBT方式で演習できます。

2週間後、演習の結果をレポート形式で個人別に送信し、パートごとのスコアやそれに応じた学習方法を提示します。

そのため英検オンラインプラクィスでは、弱点を克服しやすく、効率よく対策できます

「英検オンラインプラクティス」について詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

英検®合格Navi.|ECCオンラインレッスン

オンライン英会話の活用で英検®S-CBTの対策を!

英検®S-CBTは、従来型の英検®とは異なり、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4技能を1日で受験できる試験です。

オンライン英会話では、英検®S-CBTの合格に必要な4技能を高めることができますので、ぜひ試験対策にご活用ください。

こちらの記事ではTOEFL®について説明していますので、TOEFL®のご興味のある方は、併せて参考にしてみてください。

TOEFL®ってどんな資格?対策にはオンライン英会話がおすすめ!