COLUMNコラム

2021年11月22日

【TOEFL®の勉強時間】オンライン英会話で効率よくスコアUPを

TOEFL iBT®の受験をご検討中で、どれくらい勉強時間を確保すれば良いのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、各点数に応じて必要となる目安の勉強時間と、効率良くスコアUPを叶える方法としておすすめなオンライン英会話の魅力をご紹介します。

オンライン英会話でTOEFL iBT®のスコアをアップする方法

TOEFL iBT®は、120点満点のテストで、リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つのセクションに分けてテストが行われます。

TOEIC L&R®は、リスニングが約45分間(100問)、リーディングが75分間(100問)の2時間ですが、TOEFL iBT®は、リーディングが54分~71分、リスニングが41分~57分、10分の休憩を挟んで、スピーキングが17分、ライティングが50分の約3時間のテストです。

TOEFL iBT®では、オンライン英会話を活用することで、特にリスニングとスピーキングのセクションで大幅なスコアアップが期待できます。

TOEFL iBT®より、点数のイメージがしやすいTOEIC L& R®との点数を比較すると下記のようになります。

TOEFL iBT®は、TOEIC L&R®よりも試験項目が多く時間も長いため、より難易度の高いテストだと言えます。

TOEFL® TOEIC®
95~120点 945点~
72~94点 785~944点
42~71点 550~784点
30~41点 300~549点

TOEFL iBT®の各点数別の勉強時間について

TOEFL iBT®で目標の点数を取るには、どれほど勉強すればいいのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん、人それぞれの現時点での英語力によって勉強時間は変わりますが、本記事では、TOEFL iBT®の各点数の勉強時間の目安を算出してみましたので参考にしてみてください。

以下が目安の勉強時間であり、現在の英語レベルがTOEIC L&R®550点程度である方を想定して算出しています。

  • TOEFL iBT®60点以上=200時間以上
  • TOEFL iBT®70点以上=400時間以上
  • TOEFL iBT®80点以上=700時間以上
  • TOEFL iBT®90点以上=1000時間以上

各点数時点での勉強時間が分かったところで、自分が目指すレベルはどこになるのか、各点数のレベルについて説明していきます。

TOEFL iBT®60点以上のレベル

TOEFL iBT®は、60点以上あれば身の回りの日常会話が高い水準で行える目安とされています。

海外で生活する上で、買い物や病院に行くことなど、基本的なことは1人で対応できるようになります。

また、61点以上というラインは、アメリカの4年制大学へ出願が可能になる最低ラインでもあります。

60点以上を目標とするなら、1日3時間の勉強で約2か月の勉強時間が必要です。

TOEFL iBT®70点以上のレベル

TOEFL iBT®70点以上は、自分の好きな分野や専門の分野での少し複雑な会話や議題に関して、議論に参加できるレベルです。

アメリカの4年制大学で通常のペースで学習するには、70点以上は取得しておいた方が良いでしょう。

帰国子女の方々の平均点数も約70点で、1日3時間勉強すると仮定すると約4か月の勉強時間が必要です。

TOEFL iBT®80点以上のレベル

TOEFL iBT®80点以上を取得できれば、自分の専門分野において、議論が十分にでき大学のレポートを作成する際の文章力にも安定感が出てくるでしょう。

このレベルにまで到達できれば、海外留学をしても問題になることは少なくなります。

80点以上を取得するには、1日3時間の勉強を約7か月続けることが一つの目安です。

TOEFL iBT®90点以上のレベル

TOEFL iBT®90点以上の取得は、かなりレベルの高い英語力が必要です。

TOEFL iBT®90点以上は、流暢に会話を進めることができ、複雑で高次元な話題に関しても瞬時に理解し、自分の意見を明確に述べることができるレベルとも言えます。

またTOEFL iBT®90点以上は、アメリカの一部トップレベルの上位校に出願できるレベルでもあり、このレベルに到達するには、1日3時間で約11か月は勉強時間を確保することが必要です。

オンライン英会話でリスニング力とスピーキング力を上げる

オンライン英会話では、TOEFL iBT®のリスニングとスピーキングの点数を大幅に上げることができます。

スピーキングは特に、1人で勉強するには難しいですよね。

オンライン英会話では、外国人講師とマンツーマンで講義が進み、分からないことがあればその都度確認することができるため、スピーキング力の向上には最適です。

また、TOEFL iBT®のスピーキングでは、学校に通うと仮定した際に学校の教室の内外で起こりえる実際の状況での会話が出題されます。

その点、オンライン英会話では、マンツーマンでの講義で自分の学びたいシチュエーションに合わせて授業を受けることができ、TOEFL iBT®のスピーキングに合わせた会話練習を進めることも可能です。

スピーキングはもちろん、外国人講師との会話講義であるため、リスニングの力も自然に身に付きます。

生きた英語を耳に慣らすことができるでしょう。

オンライン英会話でリスニング力とスピーキング力を上げる

TOEFL iBT®で各点数における必要な勉強時間をご紹介しました。

より確実に高い点数を取るためには、外国人講師とマンツーマンで英会話の練習することで実践的な英語力を身につけられるオンライン英会話がおすすめなので、ぜひ一度レッスンを受講してみてください。

ECCオンラインレッスンでは、無料体験レッスンも随時実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「もっとオンライン英会話について知りたい!」という方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ビジネスパーソンにもおすすめ!オンライン英会話で取得できる資格まとめ